コラム33 訪問看護ステーションの役割とかリハの訪問とか機能強化型のこと

2020年診療報酬議論中の1月にこのコラムを書いています。

2019年11月に中医協が公開した在宅医療に関する資料を基に書いたコラムの紹介です。

(スポンサー広告)

機能強化型の訪問看護

訪問看護ステーションからのリハビリテーションについてはいろいろ制限があります。

病院や診療所からの訪問リハで算定することができる加算も訪問看護ステーションからのリハビリでは算定できません。

そうして、2020年の改定では機能強化型訪問看護ステーションからのリハビリについて論点として取り上げられています。

そのことについてコラムに書いています。
コラム33 訪問看護ステーションの役割とかリハの訪問とか機能強化型のこと

お知らせ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2020年版note 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2020年版note 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です