1月~3月はPT・OT・STの転職の時期やタイミング

新年が始まって、転職を考える理学療法士や作業療法士、言語聴覚士も増えてきたようです。徐々にこのサイトの転職関連記事のアクセス数が増えています。この時期に退職して4月から新しい職場で心機一転したいって考えている人が多いようです。まあ、この時期のタイミングが求人も多くていいんですけどね。

1月~2月は退職の時期

4月から新しい職場に転職や再就職したいと考えている、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士にとってはこの時期は退職を考えるタイミングですね。

この時期に上司に退職希望を伝えて、新しい勤務先を探すタイミングとしてはいいと思います。私は3か所の訪問看護ステーションで掛け持ち勤務しながら働いていますが、同僚の看護師さんや介護の方もこの時期に数名退職したり、退職予定の方がいます。

また、非常勤で働いている看護師さんが4月から常勤に勤務の変更をする予定だったりと新年度に向けて色々動くのがこのタイミングなんですね。

家族や周囲の環境の変化

自分の環境だけでなく、周囲や家族の環境が変わるのも新年度からの職場が多いですよね。

  • 子供が保育園に入園する
  • 子供が小学校に入学する
  • 家族が転勤する
  • 信頼していた上司が退職する
  • 動機が結婚退職した

等々いろんな人生の出来事で、職場を移る方も多いですし、そういった周囲の状況の変化に合わせて働くスタイルを変える方も多くいます。そういった人生の転換の時期が新年度ってことが多いのかな。

転職したいのならとにかく動く

退職して、自宅に引きこもるなら新しい勤務先を探す必要はありませんが、そうでないのならじっとしていても新しい職場を探すことはできません。

  • 友人や知人に聞いてみる
  • ネットで検索してみる
  • 転職サイトに登録してみる

とりあえず働きながら、動くならこんな感じかな。

私は、現在常勤職場はありません。非常勤3か所の掛け持ち勤務しながら生活を支えています。常勤職場を探すのをあきらめたわけではありませんが、何とか生活ができているので今の掛け持ち生活も楽しめています。

転職サイトに登録してみる

私はとりあえず、今の掛け持ち職場に不満はありませんが、リハビリの転職サイトに登録はしています。いい条件があればラッキーって感じで気軽に登録しています。

定期的に希望した勤務エリアの求人情報がメールで届きます。いいところがあれば問い合わせたりするけど、そうそう良い条件というのはないので気軽にメールを見て楽しんでいます。

大した個人情報を登録する訳でもないですし、ハローワークに出向いていろいろ手続きするよりはネットで手続きできて気楽なので、自分の条件に合うものが見つかるまで気長に待っています。

知人のネットワーク

知人の療法士にも時々話を聞きます。

良い転職案件がないかどうかというのは特に関心があります。実際に時々は施設見学に行ったり面談を受けたりもしています。

じっとしていては転職先なんて見つかりませんからね。

超高級転職なんてないよ

普通の作業療法士として働いて24年目のシーズンが終わろうとしています。そんな私でさえ、目が飛び出るような高級条件はありません。

1000万円の年収なんて無理ですよ。

転職したいなら高望みせずに自分の身の丈にあった収入のところを見つけるようにしてくださいね。

私自身転職活動していても、700万以上の年収の条件は提示されたことはありません。この金額が皆さんの参考になれば幸いです。

700万以上の年収欲しいなあ。

⇒⇒転職記事一覧

マイナビ医療介護のお仕事

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です