「学生は現実を知らなさすぎる」 実習前に知っておいてほしいこと1

臨床実習に出る前の学生さんって
ワクワクしている
ドキドキしている
不安でいっぱい
まあ、いろんな状態でしょうね。

でも実習に出る前に知っておいてほしい、あなたたちの置かれている現状をぜひ知ってください。


スポンサー広告

比較対象がない辛さ

あなたは臨床で働いているセラピストの良し悪しを判断する基準を持っていますか?
将来、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士として働くために養成校・大学に通っているにもかかわらず、あなたたち学生が知っている臨床家の数があまりにも少なすぎるのです。

学校で授業を担当している先生の臨床の姿を見たことがありますか?
目の前にいてる先生のセラピストとしての実力はどうなんでしょうか?

学生の弱点なんですよ、臨床で働いているセラピストを知らないってことが。
実習指導でセラピストからいろんな指導をあなたたちは受けることになります。その時の指導は

  • 妥当な指導なのか?
  • 厳しすぎる指導なのか?
  • 愛情を持ってあえて厳しい指導なのか?
  • アカデミックハラスメント、パワハラ的な悪意ある指導なのか?

そういったことを判断する根拠を持っていないことが学生にとって最も不利な点なのです。臨床で働いているセラピストの良し悪しを判断するための、比較対象を持っていないんです。せいぜい持っている比較対象は養成校の教員だけなんですよね。
臨床実習指導で、目の前にいてるセラピストがセラピストとしてどうなのかという判断ができない、だから厳しい指導を受けても「あたりまえ」の指導だと思ってしまう。
もしかしたらアカデミックハラスメントかもしれないのにです。

セラピストといってもピンきりです

大変残念なことですが、臨床で働いているセラピストがすべて良い指導者というわけではありません。セラピストもピンきりなんです。いろんな人がいてるってことですね。実際に私が担当した学生さんから聞いたお話では、指導者の風上にも置けないような人が実習を担当していたこともあります。

だから、目の前にいてる指導者の指導があまりにもひどいような場合は、迷うことなく養成校の担当教員に連絡しましょう。学生のあなたは臨床で働いているセラピストあまりにも知らなさすぎるのです。その指導の厳しさが「当たり前の指導」なのか「行き過ぎた指導」なのかの判断ができません。
あまりにもつらい出来事を実習先で体験した時は、まず養成校の担当教員に相談してください。

つらい時は迷わず、学校へ連絡しよう

養成校の教員に連絡することは、恥ずかしいことでも何でもありません。実習というのは実習先の施設の指導者だけがかかわるのではなく、養成校と実習施設と教員と指導者と学生とで運営されるものなんです。決して実習施設に一任されているものではありません。トラブルを抱えたらまず、養成校の教員に連絡しましょう。

【関連するカテゴリ】

学生向き記事一覧

おすすめ書籍など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です