【note更新】退院後の生活をスムースに開始するために入院セラピストがすべきこと

タイトルのように、退院後の生活をスムースに始めるようにするには

超リアルな短期目標の設定が必要です。そうして超リアルな短期目標を設定するためには、入院早期からの退院準備が必要となります。

自宅に戻らないケースで施設に転所する場合でも、スムースな転所のためにしなければならないこともあります。

そんなことを2つの記事にしてノートに書いてみました。


「病院リハビリで在宅を意識した超リアルな短期目標の設定」

「入院後2週間以内に開始する退院準備?」

2018年同時改定に向けて、ホントに変わらないといけないのは地域のセラピストではなくて病院のセラピストなんですよね。

そのために病院のセラピストはこの二つにすぐ取り組まなくてはなりません。

そんなコラムはこちらから読むことができます。
「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です