大人でも間に合う?正しいお箸の持ち方

子供のリハビリテーションをしていると、お箸の持ち方や鉛筆の持ち方を指導するってことはよくあります。そのために、矯正用のお箸を利用したり、市販されているお箸を紹介したりすることがあるのですが、ネットでいろいろ探していると大人用の正しい持ち方をするためのお箸がありましたので、ご紹介します。

大人用の しつけ箸

これがその商品。

お箸の持ち手の部分が少しくぼんでいて、印がついています。その部分に親指、人指し指、中指をおくことで正しいお箸の持ち方ができるっていう商品です。

ネットで調べると成功している方も多いようです。

子供用、男性用、女性用がありお箸の長さが少し違っています。

作業療法士という仕事をしていると、大人の方のお箸の使い方って結構気になるんですよね。気になっている方はぜひ挑戦してみてください。
1か月くらいかかると思いますので、気長に使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です