2012年の終わりにおもう事  (2012.12.30記)

2年目を迎えたやまだリハビリテーション研究所を振り返ります。
今年は土曜日セミナーを10回、ナイトセミナーを4回開催しました。私が宮崎学会に参加していた6月と忘年会の12月は土曜日をお休みしました。 2年目で初めて開催した4度のナイトセミナーは、テーマにもよりますが土曜日開催よりも多くの方に参加していただけました。365日リハビリテーションに取り組んで知る病院が多いためでしょうかナイトセミナーに参加したいという希望も多くありました。

今年特にうれしかったのは、作業療法士だけでなく理学療法士の方の参加が少しずつ増えていることと、リピーターが増えていることです。 研修会で私と知り合いになった方が継続して参加していただける、少しずつではありますが研究所のネットワークが広がっていることを実感しています。
研修内容は基本的には昨年に引き続き基礎的な内容ばかりです。そんな中意外と好評だったのが「危険予測 入門編」と「評価のこと 入門編」の入門シリーズです。私にとっては非常に基礎的な内容なので「こんなこと話していいのか?」と思ったので一応タイトルで「入門編」として基礎的であることをアピールして募集したのですが12~13名の参加があり、基礎的な内容の研修会があまりないのだということに気づきました。これについては来年も「入門編」シリーズとして新たなテーマを開拓したいと思います。
研修会以外では、HPをリニューアルしたことが大きいでしょうか? ドメインを取得してhttp://yamada-ot.comと念願の独自ドメインでのホームページリニューアルとなりました。おかげでホームページへのアクセスは毎月のべ800~1000人ほどとなり、以前よりも多くの方にご覧いただくようになりました。 多くの方のアクセスに対してホームページの更新は研修会案内が中心となりがちですので、もう少しコラムなどのコンテンツを充実させたいと考えています。ご期待ください。
2012年にお世話になった方、研修会や懇親会にご参加いただいた方ありがとうございました。2013年もよろしくお願いいたします。

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です