リハマネ加算のマネジメントとは?

通所リハビリテーション事業所や訪問リハ事業所で算定できるリハビリテーションマネジメント加算。

算定している事業所はまだまだ少数派。

そうして算定している事業所であってもきちんとしたマネジメントをどこまで提供できているのかっていうことになるとまだまだあいまいだ。

マネジメントはリハビリテーションに関する調整や管理を行うのであって、個別リハビリテーションを提供するための加算ではない。

マネジメントの結果としてマンツーマンのリハビリテーションを提供することはあるが、マンツーマンのリハビリテーションを提供するためにマネジメント加算を算定するわけではない。

マネジメントの経験が浅いリハビリテーション専門職が多いから、このあたりのことがきちんと理解されていないように思う。

地域でリハビリテーション専門職がきちんとマネジメントするからこそ、地域で多職種連携がスムースに展開するはずなんだけど、実際にはそんな風に展開されていないようだ。

マネジメントですべきことについて、noteサイトに書いてみた。

リハマネ加算のマネジメントとは?

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です