【資料紹介】重点分野に関する取組の「7つの柱」の策定について(案)

厚労省のサイトから資料の紹介です。

平成30年4月の開催と記載されています。
全国在宅医療会議の第4回目の会議の資料です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204460.html(厚労省のサイトに飛びます)

このなかで注目している資料がこちら
重点分野に対応していくための課題整理と「7つの柱」の策定について(案)(PDF:480KB)
以下のような7つの柱とロードマップが提示されています。

方向性が重要

こうれらが具体的にどうなっていくのかということはこれからです。

だけどどんなことに厚労省が力を入れようとしているのかということはなんとなくわかります。

連携の推進とエビデンスですよねえ。

私のサイトでは主に連携の推進に力を入れたコラムを多く書いていますが、その方向性は間違ってないってことですね。

皆さんの参考になれば幸いです。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと
  

(スポンサー広告)

気に入ったらフォローしてください

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは200名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン


 

(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です