スプーンの握りの発達 握りの変化

子供のスプーンの握り方っていうのは少しずつ変わっていきます。そのことについて書いてみます。年齢とのかかわりは気にしていないので、握りの変化のことを中心に書いてみます。鉛筆やクレヨンなどの筆記道具等も同じようにして発達します。

※握りの発達には、大まかな発達の方向性はありますが必ずこのようになるって決まりがあるわけではありません。ここに記載の通りにならないから異常ということではありません。不安な方は専門機関に相談してください。作業療法士としての経験に基づいて記事を書いていますが、個人的見解です。一般の方からの発達相談やコメントなどには対応しておりません。


(スポンサー広告)

握りの変化と名称

握りの発達的変化はこんな感じ。

回外握り⇒手掌回内握り⇒手指回内握り⇒三指握り

となります。

回外握り

手のひらを上に向けた状態でスプーンやフォークを握って操作する状態なのが、回外握り。
手のひらを上に向ける動きを「回外」、手のひらを下に向ける動きが「回内」っていうんだけど、回外握りは手のひらを上に向けた状態でスプーンなどを操作すること。

スプーンの柄を指先部分ではなくて、手掌部で握りこんでいるのが特徴です。スプーンやフォークの先端が小指の側にあります。

手掌回内握り

もうちょっと成長してくると、手のひらを下に向けた状態でスプーンやフォークを握るようになります。
回外握りの時は小指側にスプーンやフォークの先がありましたが、手掌回内握りでは、親指側にスプーン等の先端がくるように握ります。

手掌部で握りこんでいます。

手指回内握り

手のひらを下に向けた回内握りで、親指側にスプーンの先がくるように持つのは同じですが、把持している部分の中心が手掌ではなくて指先の方になっているのがこの時期の特徴です。

指先で把持をしているっていう点で、手掌部を中心に握っている時期よりも手部の握りの運動は発達していると考えられます。

3指握り

手指回内握りよりも手や指の動きが発達してくると、親指・人差し指・中指を中心とした3指握りになってきます。

握りの発達の評価のポイント

スプーンでもフォークでも、クレヨンとか鉛筆の握りでも基本的には

今の時点でどんな握りをしているのか

ってことは重要な評価のポイントです。

  • 手のひら(手掌)の向き
  • 握りの中心が手掌なのか指先なのか
  • 操作している時の腕や手首などの動き

こういったことを中心に現時点での道具の操作を確認します。

評価してどうアプローチを考えるのかってことは別の記事に書いていきます。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

お仕事の依頼はこちら
⇒⇒仕事の依頼

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です