コラム24 回復期リハが出来高から包括化されたら困るセラピストと生き残るセラピスト

2019年8月時点で厚労省から出いている2020年に向けての改定資料やそれ以前の資料を見ながら書いているコラムです。

(スポンサー広告)

回復期リハも包括化

9単位の算定が難しくなり、地域包括ケア病棟というものが登場し、回復期リハ1って言うのも算定条件が厳しくなっている。

回復期リハ病棟そのものがなくなることはないだろうが、運営に関する要件というものは今後の改定でもどんどん厳しくなっていくでしょう。

その方向の一つにあるのが、リハビリテーションの包括化です。

包括化される方が良いと私は考えています。

病院としての方向性をはっきりさせることができるから。

ノルマのように算定することが目標ではなくて、必要な人に必要なリハを提供するには包括化というスタイルもありだと考えています。

そんなことをnoteサイトに書いています
コラム24 回復期リハが出来高から包括化されたら困るセラピストと生き残るセラピスト

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です