コラム2 通所介護と通所リハの違いってある?両方で勤務した考えていること


通所リハビリテーション事業所、通所介護事業所の違い、それはリハビリテーション専門職である理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の配置が必須なのが通所リハ事業所ということ。

だけど最近はリハ職を雇用している通所介護事業所もあれば、リハ職雇用していないけどリハビリデイと看板上げている通所介護事業所があったりと、なんだかよくわからない状況です。

そんな中で、非常勤掛け持ち作業療法士として、診療所が運営する通所リハビリテーション事業所1カ所、異なる場所と経営者の通所介護事業所2カ所で勤務している私が、両方で働きながら考えていることを書いてみました。

  • 通所介護と通所リハの統合について
  • 今後の方向性として
  • 3時間2回転の事業所
  • 医師の関与の違い
  • 通所介護の戦略
  • 通所リハの戦略
  • 退院後のイメージ

といったことについてnoteサイトに書いてみました。

コラム2 通所介護と通所リハの違いってある?両方で勤務した考えていること

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは400名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です