動画を追加!「昨日院長と話したリハビリテーションのこと」

昨日勤務先の診療所の院長先生と話す機会があったので、とりあえずダイジェストとして残しておきます。

多様なリハビリテーションの実践

リハビリテーションをマネジメントするためにに必要なことは以下のようなもの。

この中でも予後予測と目標については医師との連携が必要になる。セラピストは予後診断すべきではないと考えています。

だから介護報酬改定でリハマネ加算が再編され医師との連携が強化されたのだと捉えています。

そうしてリハビリテーションを実践するにはいろんな視点が必要になるわけで、最近の改定では心身機能へのアプローチだけに偏らないということが強調されています。

なかでも、以下のスライドの書いているようなアプローチが現在の回復期・生活期リハにおいては十分でないように感じています。

リハビリテーションはPT/OT/STだけが実践するのではなく多職種が関わる。訪問リハであってもそこにはケアマネさんや他事業所さんや主治医が関与しているのですからね。

動画にしてみた

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
講演依頼のこと

note

作業療法士のやまだが全力でお届けしている「コラム」「動画」「講義資料」満載のnoteサイト
2021年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m94135b67f4bc

2021年1月にスタートしました。2021年12月までどんどんコンテンツを掲載していきます。

2020年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

お知らせ

ネットを使って学ぶことができます!
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です