自粛解除後にいろいろ考えていること

非常勤掛け持ち作業療法士です

勤務先の感染予防対策には従っています。

そのうえで、個人的に考えていること。

過剰ではないのか?

今回のコロナ禍で考えていることは、重症化するケースが極端に増えていないこと。

毎年流行しているインフルエンザでも入院する人もいれば、亡くなる方もいる。いろんな資料を見ているが、死亡するケースはインフルエンザに比しても少ないように感じる。

個人的には未知のものに対しての過剰反応のように感じる。

2020年1月から6月までの間に、いろいろデータとかも集まってきただろう。

もう少し冷静になりたいと思っている。

作業療法士として複数の職場で働いている。

個人的には過剰ではないかと思うような感染症対策の中で働いている。

なぜ過剰になるのか?

covid-19が「指定感染症」になっているからだろう。

指定感染症だからね

感染の報告の有無とか隔離とか、症状が軽症でも入院とかってのは指定感染症だからですよね。

◆指定感染症のこと
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000040509.pdf
(PDFが開きます)

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000615582.pdf
(PDFが開きます)

普通のインフルエンザなら症状が重症化しない限り自宅療養ですよね。勤務先でインフルエンザに罹った職員や利用者さんが出たとしても、事業所が閉鎖になったり関係者全員の検査なんてしない。

事業所が閉鎖にならないために、過度な対応をしている。

指定感染症から外れない限り、こんな状況は変わらないでしょうね。

何の責任も取れないけど

もういいんじゃないかな

重症化とか死亡に至る割合とかもわかってきてる。

他の感染症と比べても大きな脅威ではないと考えています。

なんだか今の状況につかれてきました。

  • 37,5度以上の発熱ならお仕事を休む
  • 咳が出るならマスクをする
  • 手洗いしっかりする

インフルエンザ並みの対策だけでいいのではないでしょうか。

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です