【2022年診療報酬改定】訪問看護指示書ーリハについての記載欄が変更されます


令和4年診療報酬改定において訪問看護指示書にリハの記載の文言が追加されました。令和3年の介護報酬改定に合わせてきたんだけど、記載内容が若干異なります。

◆おすすめ動画
【講義動画2022-1】2022年度から始める訪問看護ステーションにおける「新しいリハビリテーションの形」

新しくなった訪問看護指示書

厚労省のサイトに掲載されている資料からの抜粋の図です。
令和4年度診療報酬改定について

新しくなった訪問看護指示書はこちら
文書名 _別紙 様式  訪問看護指示書

従来の記載方法はこんな感じでした。

それが以下のようになるんですね。

なんでこうなるの?

介護報酬では1回20分の訪問となりますので、「20分・40分・60分」からの選択となりますが、診療報酬では、「30分以上の訪問」又は「30分未満の訪問」ですよね。

となると昨年までの書式では30分での区分けができないのでこのような書式になったと考えられますね。

現実的で悩ましい問題

これまでは30分以上の訪問の場合、事業所ルールやセラピスト個人の判断で実際に訪問先でのリハ時間が40分だったり50分だったり、60分だったりしていたと思います。
だから正直に言うと、「40分・60分」の記載のままの方がリハ提供しやすかったと思うんですよね。

もし新しい指示書で医師が60分と書いた場合、きちんと60分訪問することが指示書の解釈としては必要になるわけですよね。医師の指示をセラピストの判断で勝手に変えるわけにはいかないでしょう。

でもまあ、ほとんどの訪問看護ステーションさんは、医師に指示書を送付するときに

「リハの欄には〇〇分 週〇回と記載をお願いします」って

いうメモとともに送付するだろうから、あんまり心配することはないと思います。

◆おすすめ動画
【講義動画2022-1】2022年度から始める訪問看護ステーションにおける「新しいリハビリテーションの形」

◆生活期リハに関するオンライン講義&講義動画を掲載しています。
2022年版やまだリハビリテーション研究所note

興味ある方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

2022年のオンライン講義とアーカイブ動画一覧

【2022年】YouTubeに掲載の動画

フォローしてね

note

作業療法士のやまだが全力でお届けしている「コラム」「動画」「講義資料」満載のnoteサイト
2022年版note

2021年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m94135b67f4bc

2021年1月にスタートしました。2021年12月までどんどんコンテンツを掲載していきます。

2020年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です