「連携できない」理由や言い訳するのは簡単!だから連携できない!

2016年2月28日に府立大学主催の臨床家向けのコースで少しだけグループワークに参加した。情報提供とその後のファシリテータとして参加。
訪問とか地域リハに関するコースなんだけど、まだまだこんなことを議論しているんだなって感じましたよ。遅いよ、もっと前に行かないと!

連携のグループワーク

  • ケアマネジャー
  • 理学療法士が原職のケアマネジャー
  • 作業療法士の私

がそれぞれの視点から地域リハビリテーションの多職種連携とかそういったことの課題とか、セラピストに知っておいてほしいことなどを話しました。

それを受けて、グループ討議でそれぞれの課題や解決手段などを簡単に討議しました。

そこで話に出ていたことですが、

  • お互いに時間が合わなくて、電話に出ることができない
  • 電話をしてもいつも不在で、伝言の伝言みたいにしか伝わらず正確な情報が届かない
  • リハビリスタッフが担当者会議に参加しない
  • 退院時サマリー書いてるけど、それは役に立っているのかわからない
  • 退院前カンファレンスに地域のリハビリスタッフが来ない
  • 地域の資源がもう一つよくわからない
  • ケアマネさんがリハビリのことを理解していない

まあ、こんなことの意見が出ていたように思う。

あー、まだこんなこと言ってるんですね。僕が地域に出た10年前と変わらないな。

このリハコラムサイトでもいつも言ってるけど、結局何も変わっていないんだなって感じた。

繋がることの重要性をグループ討議後のコメントでもちょこっと伝えたつもりだし、Facebookページとかサイトのアドレスを研修で伝えたんだけど、ページに「いいね」してくれる人も増えていないようだから、心には響いてないな。

このままじゃあ、だめだな

ハッキリ言って、10年前と何も変わっていない。

地域での連携っていうのはごく一部の人だけが頑張っている状態。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士はいつも同じように同じ言い訳をしている。連携ができない理由を列挙している。

進歩していない。

2018年同時改定も2025年問題もこのままでは乗り越えられない。

とりあえずこれ読んでほしい
地域でリハビリテーションするのが「あたりまえ」の時代に生き残るために考えるべきこと

幻想の世界に浸るな!

患者さんのことを中心にして、専門職種同士が自然と連携できるなんて言うのは妄想であり、幻想なんだ。

ホントの連携は、地道に泥臭く築き上げるしかない。

そこを飛ばして、

いつかきっと連携がスイスイできる

って思っているなら勘違いも甚だしい。

同じ職場で2年くらい働いているのに、全く連携ができていないセラピストは、そういった幻想とか妄想にとりつかれている。

だから、これを読んで具体的に行動しないと、いつまでたっても連携できないよ。
もう一歩前に踏み出そう!じゃないと連携なんてできない

note

2020年版
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

2018年版
https://note.com/yamada_ot/m/ma3fc5020f609

お知らせ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

ネットを使って学ぶことができます!
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは750名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2020年版note 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

  
  

2 件のコメント

  • よくわかります。
    お互い積もり積もった不満があるから、報われないことも多々あるでしょう。
    しかし、それはこれまでの同職種の所業ゆえ、どちらかが歩み出さなければ始まらないことですよね。
    大昔、病院からサマリーがないことに不満を漏らした私に上司が言ってましたね。『こっちも退院後の情報を渡せてないのに不満を言うのはおかしい。』と。納得でした。
    不満を言っても何にも始まらない。
    話すなら解決方法を話したいです。
    電話連絡は、お互い不在のこともあります。
    でも、だからこそメールも活用します。

    • そうなんですよね、不満言ってもキリがないですよ。

      「あっちが悪い、こっちはやっているのに」

      って言ってばかりでは何も進展しない。歩み寄る、こちらが最初に一歩を踏み出すってことが大事。
      いつも言うことだけど、連携の利益は患者さんが受け取るものです。

      連携で、気持ちよく働けるとか、すっきりするとか、他職種と仲良くなるとか、そんなことは連携の副産物です。第1の利益は対象者さんのためなんですよね。

      でもそこを忘れて、自分たちの感情が先に立ってしまっている人が多いかな。副産物が第1目的と勘違いしているんですよ。

      行動あるのみです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です