病院でもこれくらいやってよ!リハ職のマネジメントとアプローチ

介護保険のサービスの対象になる高齢者の多くは、どんな疾患であれ元通りになることは少ない。だから入院中のリハビリテーションの現場で、退院後の生活のことを考慮したマネジメントを実践する必要がある。

しかしながら、入院中のリハビリテーションで退院後のことを意識したマネジメントを実践しているセラピストは少ないのが現状だ。

  • ケアマネ、相談支援専門員との連携
  • 在宅復帰に向けた情報収集
  • 活動と参加に向けた目標設定
  • 多様なリハビリテーションの実施

具体的には上記4つくらいの実践が必要だと思う。

そういったことを具体的にnoteサイトに書いてみた

病院でもこれくらいやってよ!リハ職のマネジメントとアプローチ


(スポンサー広告)
こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは400名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
PTOT人材バンク


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です