コラム21 2025年に向けて、生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える「その1」

2025問題って言うけどね、リハ専門職ならもう少し先を見据えながら行動する方がいい。

じゃあ学術的な技術研鑽以外にどんな行動をすべきかってことを考えていうセラピストは少ない。

(スポンサー広告)

具体的な行動

リハビリテーション専門職である、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は研修会によく行って治療技術的な学びを深めることはすべきだけど、時代の流れを読むことは苦手だ。

治療技術がいくらあっても、それであなたの給料が上がるわけではない。

むしろ時代の流れを読み解きながら仕事の在り方を考えていくことも必要だと考えています。

治療技術の向上を否定するわけではありません。

治療技術以外の学びのも必要だということを伝えたいのです。

2025年以降に向けてセラピストがすべきことについて書いてみました。
コラム21 2025年に向けて、生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える「その1」

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える


(スポンサー広告)

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です