コラム8 リハビリテーションからの卒業に向けた取り組みに必要なこと「その2」地域で循環するリハビリテーション連携の構築


前回のコラムでは、リハビリテーションからの卒業というものは、セラピスト一人の努力だけで何とかするものではなくて、事業所全体で取り組んだり、リハビリテーション部全体で取り組んでいくことが必要ということを書きましたが、最近はそれだけでもうまくいかないのです。

特に生活期のリハビリテーションにおいては、リハビリテーションを提供する通所リハ事業所や訪問リハビリ事業所が積極的に卒業に取り組もうとしても、壁にぶち当たることがあります。

その理由の一つが、ケアマネジャーが作成するケアプランにリハビリテーションのサービが位置付けられていることがあります。

事業所の努力だけではどうにもならないのです。

くわえて、その地域の地域医療構想とか地域包括ケアシステムへのかかわり方も実はリハビリテーションからの卒業に関わってくるのです。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。
コラム8 リハビリテーションからの卒業に向けた取り組みに必要なこと「その2」地域で循環するリハビリテーション連携の構築

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは500名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2100名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です