コラム12 最近の通所での関わりのこと


通所での最近の出来事について書いてみました。

介護職員さんの評価と作業療法士の視点での評価には違いがあります。

運動したがらない利用者さんに対して、休ませる方がいいのか、運動を促す方が良いのかってことの判断については職員間でも評価がわかれたりする。

だけど、「しんどい」と言いながらも運動を行える利用者さんもいる。

そのあたりの関わりはセラピストとしては重要。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。

コラム12 最近の通所での関わりのこと

お知らせ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
講演依頼のこと

ネットを使って学ぶことができます!
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

生活期領域で働く「作業療法士のやまだ」が臨床で考えながら実践していることやセラピストに伝えたいことを「コラム」「動画」「オンライン研修会」などを使って「新しい学びの形」として発信しています。

2020年版のコンテンツ一覧は以下のリンクからご覧いただけます。
◆◆2020年版note
「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です