とにかく褒める 楽しむ

在宅にいる方のリハビリテーションは修行ではありません

通所や自宅の廊下で歩行練習しているのを見て

  • 「うーん、もうちょっと麻痺側に体重乗るといいのになあ」
  • 「えーと、腕の振りが今一つかなあ?」

っていうようなことをつぶやいたりすることで、利用者さんは落ち込んだりすることもあります。

何度も私のブログで書いていますが、患者さんは実験台ではありません。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の手技向上のためリハビリテーションを実施しているのではないので、なんだかマニアックな視点での指導は必要ないと思うのです。

もっとプラスなことにも目を向けましょうよ!

そういったプラスな関わりで活動範囲が拡大した利用者さんのことをnoteサイト書いています。

とにかく褒める 楽しむ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは400名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です