コラム19公的保険としてリハビリテーションからの卒業に必要なこと


生活期リハビリテーション領域で働く作業療法士として、公的サービスとしてのリハビリテーションは期間を限定して実践すべきものと捉えています。

だけど、介護保険制度の中で提供されるリハビリテーションは制度的には長期にわたって利用することが可能なサービスです。

だから、非常に難しい課題であることは承知しています。

だけどあえて、書かせてもらえると、2030年ころくらいのことを考えると

  • 必要な人に
  • 必要な期間
  • 必要なサービスを提供する

という「サービスの適正利用」が必要になるはずなんですよね。

そんなこと書いています。
コラム19公的保険としてリハビリテーションからの卒業に必要なこと

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える


(スポンサー広告)

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やまだたけし(作業療法士)

このサイトは作業療法士のやまだが運営しています。 やまだリハビリテーション研究所 https://yamada-ot.com の 姉妹サイトです