コラム17 座位保持不可でもできる活動はある


病院リハ時代には、車いす座位保持できているなら次に目指すのは「端座位」って考えていました。

端座位保持が不可なら、車いすなどの背もたれがある椅子の上でのADL動作の練習をしていました。

だけど、通所事業所に勤務するようになってから端座位保持が不可であっても「手すり」を把持して座位保持できると結構色々活動ができるんだということに気が付きました。

車いす座位、端座位だけではなくて、

「何かにつかまった座位保持」

という選択肢もあるんですよね。

そんなことを2020年版noteに書いてみました

コラム17 座位保持不可でもできる活動はある

note

作業療法士のやまだが全力でお届けしている「コラム」「動画」「講義資料」満載のnoteサイト
2020年版
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

2018年版
https://note.com/yamada_ot/m/ma3fc5020f609

お知らせ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
講演依頼のこと

ネットを使って学ぶことができます!
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です