文献読んだらスキルアップする?

リクエストをいただきましたので、文献の効果的な活用方法について思うことを書いてみました。書籍やジャーナルなどの文献を読めば読むほどスキルアップするのかって問われると「No」と答えざるを得ません。読むだけではスキルアップはしないでしょう。そんなことを書いてみた。


(スポンサー広告)

文献や資料読んでもスキルアップしない

文献を読んでスキルとか技術とかがアップするなら、医療系の職業の人はもっと文献読むんだろうね。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護職員さんも読めば読むほどスキルアップするなら、そりゃあ文献や本読むでしょう。

でも医療系っていうのは基本的に自分の手や体を動かして仕事をする技術職だ。文献読むだけでは技術は向上しない。

文献を読めば知識は増える。他の人が経験したことを知ることができる、他の人が調べてまとめたことを知ることができる。ただ、それだけでしょう。

読んだ文献をもとにして、いろいろ試行錯誤して実践しない事には技術はアップしない。

視野を広げたり、新たなことにチャレンジする機会にはなる

リハビリテーションに取り組んでいる、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や看護師にとって文献や成書を読むってことは自分の知識を広げて、目の前にいる患者さんの状態を今より少しでも改善することには役に立つ。

だけど、役に立つという事とスキルアップできるということはイコールではない。

文献を読むことで、自分が取り組んでいなかった評価がある疾患の評価に対して効果的であったり、あるアプローチがこの疾患には有効なんだってことを知ることはできる。

また、新しい知見も知ることができる。

だから、自分の目の前の患者さんに対してワンパターンのアプローチだけを淡々と繰り返しおこなったりするのではなく、効果があるかもしれない他のアプローチを試みたりする事のきっかけにはなる。

また、自分の知らなかった評価方法を実施することで、患者さんの新たな潜在能力に気づくきっかけになったりすることもある。

実践しなくちゃ意味がない

知識を深めるのに文献を読むことは役に立つ。だけど、読んでいるだけならそれは知識を蓄積しているだけに過ぎない。

研修会に行くことも同じだ。

ありとあらゆる研修会に行きまくっている若手の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士はたくさんいる。それは同時に研修会に行っただけで自分のスキルが上がっていると勘違いしている若手療法士が多いってことだとも思う。

研修会に行くだけではスキルアップはしない。自己満足度を高めるだけにしかならない。

実践してこそ意味がある

文献を読んでも、研修会に行ってもそれだけのことだ。

そこから学んだことを自分が担当している利用者さんに実践してこそ意味がある。あーでもないこーでもないと自分の学んだ知識と技術を総動員しながら試行錯誤して工夫して実践してこそスキルはアップする。

文献を読んだり研修会に行ったりすることは、その工夫するためのヒントに過ぎない。どうやったら自分の担当している患者さんの状態を変えある事が出来るんだろうって悩んでいるからこそ、自分では思いつくことのないアプローチや考え方に触れることができるのが文献や研修会なんです。

だから、それを実践しなくちゃ自分自身がレベルアップすることはない。

まるっきり同じ患者さんはいません

文献で症例報告されていたりするものを読んだりすると、そこに書かれていることを実践したくなりますね。

だけど、まるっきり同じ状態や環境に置かれている患者さんっていうものはほとんど存在しません。リハビリテーション領域で担当することの多い脳血管疾患の場合だと、同じ部位同じ領域が損傷を受けていても症状は異なることがほとんどだから、まるっきり同じ患者さんっていうのは存在しない。

更に環境要因なんかを考慮すると、更に条件は異なってくる。

だから症例報告に書かれているアプローチはその文献に出てくるその患者さんにとっては有効ではあるけれども、自分が担当している患者さんに有効とは限らない。

だけど、そこに書かれていることを参考にすることはできる。

まるっきり同じことは通用しないかもしれないけれども、そこに書かれていることを参考にして自分のアプローチに工夫を加えることはできる。

「へーそうなんだ」

っていうことで読み終わってそのままにするのはもったいない。ぜひ実践してほしい。
そうすることがスキルアップにつながるんですよ。

実践してこそのスキルアップ

文献にしろ、研修会にしろ実践しなくちゃ何の意味もない。

  • 実践してみる
  • 実践した結果を自分なりに考察する
  • また実践

いわゆるPDCAサイクルとして繰り返すことが大事なんですよ。評価して、実践して、再評価や考察して、プログラム再考してまた実践。

これを繰り返さないと成長しないし、スキルもアップしない。実践して、実践。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です