【地域リハビリ】対等な連携なんてないよ

みんなの意見が一致して、同じ方向を向いて支援する。

理想だと思う。それを目指したいけど、現実はなかなか難しい。

お互いが対等だと思うことはあまりない。

職種の違い、異なる事業所同士のお付き合い、ケアマネジャーさんのキャラクターや考え方、そうしてリハビリテーション専門職にもいろんな奴がいる。

だからなかなか、多事業所連携は進まない。

リハビリテーション専門職のマネージメントっていうのも難しい。

だからといって、連携することを諦めたらアカンのです。

そんなことを、noteサイトに書いてみました。

対等な連携なんてないよ

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
PTOT人材バンク

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは400名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
PTOT人材バンク


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です