コラム30「触らない」事の必要性を堂々と話そう!


触らないリハビリテーションに関しての講演会を理学療法士さん対象として話してきた。

病院リハと生活期リハをどのようにつなぐかってことを、「心身機能」「活動と参加」「触るリハビリテーション」「触らないリハビリテーション」というリハの視点で伝えた。

つなぐことを意識する!

病院リハと生活期リハををつなぐためには、セラピスト個人が頑張ってもどうしようもない。

病院のリハビリテーション部としての方針や、生活期セラピストが所属している事業所の方針などによって、セラピストの動きは変化するからだ。

それぞれの部門として、きちんと「つなぐ」ことを意識しないとダメだ。

そのうえで、リハの視点をきちんと部内で話し合うことが求められる。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。
コラム30「触らない」事の必要性を堂々と話そう!

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です