【資料紹介】未来イノベーションワーキンググループ


厚労省管轄の会議で2019年1月に開催されたものです。

名前だけ聞くとなんのこっちゃ?って感じですが、資料は2040年までの日本の状況に関しての資料が整理されていてわかりやすい。

こんな視点での資料があるんですねえ。

これからの高齢化社会で生じる問題や課題についての解決の手段はいろいろあるんだなと考えさせられます。

だけどITとかICTと言われる領域については、生活期リハビリテーションの分野においても避けることのできない変化があるだろうと思います。少なくとも、書類の部分についてはかなりがクラウド化するだろうと考えています。って言うより勤務先の訪問看護ステーションはすでにクラウド化されています。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは400名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です