コラム5 回復期リハが包括される未来と今からできる対策(1)

コラム4では10年後のリハ業界のことを書きました。

PTやOT、STさんが最も多く働いている回復期リハビリテーション病棟も10年後にはそのstyleは大きく変わるだろうと予測しています。

(スポンサー広告)

10年後の回復期リハ病棟

2020年1月にこのコラムは書いています。

2030年は診療報酬・介護報酬の同時改定です。だからかなりダイナミックに変わるんだろうなと思うわけですよ。

日本慢性期医療協会の記者会見でも、回復期リハ病棟におけるリハビリテーションの包括化が話題になっています。

これからの回復期リハ病棟について予測していること、これからの10年間でどんな想定をして、どんな行動をセラピストとしていくべきかってことを書いています。
コラム5 回復期リハが包括される未来と今からできる対策(1)

note

2020年版
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

2018年版
https://note.com/yamada_ot/m/ma3fc5020f609
<

お知らせ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒
講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2020年版note 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2020年版note

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です