質の高いリハビリテーションとは何か?厚労省の資料より考える

質の高いリハビリテーションっていったい何なのかな?
病院リハビリテーションの質は高いのか?ネット記事を見て考えたこと
4月に書いた上記コラムはかなり読んでもらえた。

(スポンサー広告)

厚労省の資料

平成29年4月に開催されている
医療と介護の連携に関する意見交換会(第2回)議事次第
という厚労省の会議の中で出されている資料の中に、「質の高いリハビリテーション」という表現がある。

※医療と介護の連携に関する意見交換会(第2回)議事次第の資料からの引用

質の高いリハビリテーション

この資料では、平成28年の診療報酬改定を取り上げていて、その中で
質の高いリハビリテーションの評価等、患者の早期の機能回復の推進に必要なキーワードとして以下の4点を挙げている。

  • 早期からのリハビリテーション
  • 質の高いリハビリテーション(アウトカム評価)
  • 多様な状態に応じたリハビリテーション
  • 具体的な目標を意識した戦略的なリハビリテーション

平成31年5月の現時点ではすでに平成28年の改定は過去のものであるが、ここで取り上げられているキーワードは現在でも重要なものだ。

この資料では発症後早期に開始することとして書かれているが、平成30年の同時改定においては退院後早期に介護保険でのリハビリテーションを開始することが重要とされ、それに応じた改定がなされている。

「多様な状態に応じたリハビリテーション」はリハ実施計画書に栄養項目が平成30年の同時改定で記載が必要となったことに反映されている。

目標を意識した戦略的なリハビリテーション」についても、リハ実施計画書が、病院と介護領域で共通化されて退院時の目標設定の重要性が平成30年の同時改定で取り上げられた。

これからの質

厚労省はリハビリテーションの質の改善について求めている

そんな中で、平成29年に取り上げられている資料のキーワードが、平成30年の同時改定においても引き続き注目されている。

そんなことから考えると、これらのキーワードはセラピストとしては臨床でしっかりと考えるべきだ。

特に

具体的な目標を意識した戦略的なリハビリテーション

は病院でも生活期でもリハ専門職に求められている戦略の一つだ。心身機能だけに偏ったアプローチや目標設定を行うのではなくて、活動と参加を見据えた目標設定をしていくことが必要なんだ。

あいまいな目標設定ではなく「具体的な目標」設定が必要だと厚労省は考えている!

あなたの目標設定は具体的ですか?

【おすすめ】リハの目標設定に悩んでいるセラピスト必見

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える


(スポンサー広告)
【スポンサー広告】

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは500名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2100名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です