2024年診療報酬改定 回復期リハ病棟の「リハビリテーション、栄養、口腔」についての改定

(当サイトの記事内にはアフェリエイトなどの広告が表示されています)


2024年診療報酬改定の詳細がわかってきました。
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/001197890.pdf

上記リンクに掲載の個別改定項目において回復期リハ病棟では以下のような記載があります。

リハビリテーション、栄養、口腔

診療報酬も介護報酬の改定も「リハビリテーション、栄養、口腔」は一体的に取り組むものとして高く評価されています。

◆リハビリテーションについて
リハの評価としてFIMについては研修を実施することとなっています。

当該保険医療機関のFIMの測定を行う医師、理学療法士、作業療法士及び言語聴覚士等に対してFIMの測定に関する研修を実施していること。

◆栄養について
栄養についてはこのような記載があります。

リハビリテーション総合実施計画の作成に当たっては、管理栄養士も参画し、患者の栄養状態を十分に踏まえて行うこと。その際、栄養状態の評価には、GLIM基準を用いること。なお、リハビリテーション実施計画書又はリハビリテーション総合実施計画書における栄養関連項目については、必ず記載すること。

今回の改定ではその栄養についての基準として「GRIM基準」が取り入れられるようです。

そのGRIM基準についてはこちらの「日本臨床栄養代謝学会 | JSPEN公式サイト」わかりやすくまとまっています。
GRIM基準について

◆口腔のこと
口腔については以下のような記載があります。

口腔管理を行うにつき必要な体制が整備されていること。

介護報酬改定においても「」リハビリテーション、栄養、口腔」はセットで取り上げられていることから、これらについては診療報酬・介護報酬ともにこれから対応することが必須となることが予測されます。

お問い合わせなど

ブログやSNSまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました