【動画】活動と参加へのアプローチのためにはセラピストが仕掛けることも必要

先日公開したこのコラムを動画で解説してみました。

やりたいことがない、意欲がないって言う患者さんはたくさんいる。

発症間もなかったりするとなかなか目標なんて見つけられない。だからといって、セラピストが自分の思惑だけで目標を設定するのはどうかなって思う。

セラピストの側から仕掛けることで、患者さんが目標を持てるようにはできないだろうか?

患者さんが主体的に行動したくなるような雰囲気は作れないかな?

そんなことを少し動画で話しています。

お知らせ

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2020年版
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2020年版note 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です