【動画】リハビリテーションの実践に必要な6つの視点

先日の三重県PT士会の研修会でお話した中から、「リハビリテーションの視点」についてもう少し詳しくお伝えする講義動画です。

(スポンサー広告)

もっと広く考える

「触らないリハビリテーション」とか「活動と参加へのアプローチ」のことが理解できない理学療法士や作業療法士、言語聴覚士さんって言うのは、非常に狭い視野というのか、視点でリハビリテーションを実践しているんだと思います。

今回の動画では、リハビリテーションを実践するにあたって必要な6つの視点についてお話しています。シリーズ動画の第1弾です。

ここで使っているスライドはと動画「その1」から最終回の「PART5」までを以下のリンクに掲載しています。
【パワポ&動画】リハビリテーションの実践に必要な6つの視点

このシリーズ動画の最新版についての情報は、やまだリハビリテーション研究所の公式LINEでお知らせしています。まだ登録していない方は是非登録してくださいね!
友だち追加

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です