コラム10「訪問の良さ」とか「通所の良さ」とかについて考える


2019年で臨床経験29年目に入りました。

10年間ほど訪問がっつりやっていました。

2018年からは通所リハと通所介護に非常勤で関わる時間が増え、訪問リハの時間はかなり減りました。診療所が運営する通所リハ事業所、まったく異なるエリアにある通所介護事業所、以前からかかわっている看護師さん中心の訪問看護ステーションなどで働く立場から、通所には通所の良さが、訪問には訪問の良さがあることがわかってきました。

自宅の環境を生かしながらかかわったりできる訪問、他者との交流もいかせる関わりができる通所

そんなそれぞれの良さとか特徴について書いてみました。

現場で働いている作業療法士の率直な意見です。

生活期の現場ではそれらを使い分ける必要もあるし、活動と参加へのアプローチにはそれぞれの場所で工夫していく必要がある。

コラム10「訪問の良さ」とか「通所の良さ」とかについて考える

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える


(スポンサー広告)

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは500名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2100名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える


(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やまだたけし(作業療法士)

このサイトは作業療法士のやまだが運営しています。 やまだリハビリテーション研究所 https://yamada-ot.com の 姉妹サイトです