【厚労省】第1回要介護者等に対するリハビリテーションサービス提供体制に関する検討会(資料)

厚労省で介護保険領域のリハビリテーションのあり方に対しての検討会が始まった。

検討スケジュールによると、今年の6月まで毎月開催し7月に手引きを発行するとある。

2021年の介護報酬改定に向けて、リハビリテーションに関しての検討が始まる。

(スポンサー広告)

厚労省へのリンク

上記の検討会の資料へは以下のリンクからどうぞ
第1回要介護者等に対するリハビリテーションサービス提供体制に関する検討会(資料)

議論される論点は5つ上がっている。

  • 論点1:議論の範囲および用語の定義についてはこの内容をふまえたものとしてはどうか
  • 論点2:リハビリテーション指標はこの内容を踏まえた考え方としてはどうか
  • 論点3:ストラクチャー指標はこの議論をふまえた項目としてはどうか。また重点指標を定めるかどうか
  • 論点4:プロセス指標はこの議論をふまえた項目としてはどうか。また重点指標を定めるかどうか
  • 論点5:アウトカム指標の考え方及び具体的な項目についてどのように考えるか

お知らせ

「生活期でリハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」ために新しい学びの形を提供しています。
回復期リハや地域リハに関わっている方は必読!
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

フォローしてね

note

作業療法士のやまだが全力でお届けしている「コラム」「動画」「講義資料」満載のnoteサイト
2020年版
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

2018年版
https://note.com/yamada_ot/m/ma3fc5020f609

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です