リハビリテーション業界の今とセラピストの立ち位置


タイトルにしたような「リハビリテーション業界の今とセラピストの立ち位置」みたいなものをきちんと新人や若手のセラピスト達に指導している病院はあるのかな?

(スポンサー広告)

情報を知らないセラピスト

先日お会いした作業療法士は、起業を控えているようだが厚労省のサイトあまり見ないといっていた。

僕がブログに書いているような情報はまったく知らない

研修会でお会いするセラピストのたいていの方は、国や厚労省の方向性を知ることなく自分の理学療法や作業療法や言語療法を実践している。

公的な保険サービス

診療報酬も介護報酬も公的な保険サービス。

だったらそのサービスを作っている国や厚労省の方向性に見合ったサービスを提供すべきだ。

それなのに、厚労省や国の方向性に向き合っていないリハビリテーションが展開されている。

だから、触らないリハビリテーションとか活動と参加へのアプローチとか言ってもみんなピンと来ないんだよ。

ホンマに大丈夫なのかな

SNSでもてはやされているような「エビデンス」「手技」なども重要なんだけど、それよりも重要なのは自分が実践しているリハビリテーションがきちんと国の方向性に向き合っているかってことだ。

そうして国や厚労省の目指している方向性に、所属先である病院や事業所のリハビリテーションの方向性がマッチしているかどうかってことだ。

そのためには情報が大事なのに、管理業務を担っているセラピストの多くはそのあたりのことを知らない。

それを知らなくてもなんとなく業務は行えるし、お給料も出る。

上司が何も言わないから部下も気にしない。

どっちかって言うと診療報酬一杯まで単位数をこなすノルマのことばかり心配している上司がいるような状況だ。

ホンマに大丈夫かいな。

リハビリテーション業界

僕にとっては当たり前のことを、知らないセラピストが多すぎることが業界をダメにするのではないかと心配している。

できれば僕が普段ブログに書いているようなことをみんな知っておいてほしいと思うが、なかなか広まらない。

できればこのコラムを読んだ僕のコラムの常連さんは、シェアしてください。

もっともっと広めていきたいのです。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

もっといろんなことを学びたい方は、ぜひお読みください
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

気に入ったらフォローしてください

やまだリハビリテーション研究所の公式LINEアカウント
フォロワーさんは300人くらいです
友だち追加

ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

YouTubeで動画公開しています。
チャンネル登録者が100名を突破しました
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは300名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは600名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2200名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です