いつもうまくいくわけではない

このブログではいろいろ書いていますが、1週間に実践している約30件ほどのリハビリがすべて円満で、スムースに展開しているわけではありません。普通のセラピストなのであって、ゴッドハンドってわけではありません。


(スポンサー広告)

悩んでますよ

日々、すべてがうまく回っているわけではありません。

なかなかうまく改善していかないケースもあるし、進行性疾患のリハビリでは「やっぱりつらいな」って感じたりすることもあります。

私が担当した利用者さんすべてが良くなっていっているというわけではないんですよ。

ブログでいろんなこと書いていますが、うまくいかないことも多いんです。

  • 連携のことブログに書いてるけど、誰とでもうまく連携できているわけではない
  • 家族さんと気まずくなったこともある
  • 担当替えになったこともある

まあ、いろいろあるんですよ。

普通はそうだよ

日々、成功を収めているわけではないのです。

時々訪問リハビリテーションの業界に踏み込んだけど、やっぱり病院に戻ってしまったって話を聞きます。

訪問リハビリテーションは、病院で働くよりも生活に踏み込んだリハビリテーションができます。

だからと言って、頭の中に思い描いているようなリハビリテーションが展開できるわけでもないのです。

臨床に出て25年でもうまくいかずに悩んでいることはあるのです。

1週間に1回くらい

よっしゃー!

っていう成功体験があるので続けられます。

でもたまーに

月1回も

よっしゃー!

ってならない時もあるのです。

たぶんそれが普通だと思います。

ちょっと誤解されていそうなことがあったので書いてみました。

ゴッドハンドではないのですよ。

あー、別に落ち込んでいるわけではないのですよ。これが普通のセラピストの普通の日常だってことを書いてみただけです。

この業界好きだからやめたりしませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です