ベンチを作ってもらったんだ!

DSC_0017 DSC_0018

週2回勤務している事業所は訪問看護ステーションと児童発達支援&放課後等デイサービスを併設している事業所。

児童デイは発達障害の子供たちが多いんですが、肢体不自由の子供さんたちも来所します。

そうするとどうしても、座位保持が苦手だったり、姿勢が悪かったりするんですよね。

だから管理者さんに

  • カットアウトテーブル
  • 長ーいベンチ

が必要ですよって伝えていたんですよね。

すると、同じ会社が経営している住宅改修を担当している部門のスタッフさんがすべて手作りしてくれました。

写真はベンチです。

横に並んでいろいろしたり、前後に座ったり、作業療法士としての活動の選択肢が広がります。

しかも、なかなかカラフルなデザインに仕上げてくれています。

収納もしやすいようにサイズを合わせてくれています。

いやあ、たすかる。

訪問看護ステーションで、児童デイ併設している事業所は多いと思うけど、ベンチとかカットアウトテーブルを作成してくれるスタッフがいる事業所は少ないでしょう?

しかも、僕がフリーハンドで書いた設計図から、こんな素敵なものを作ってくれるところはないと思う。

カットアウトとかベンチとかがあるとめっちゃ助かるってことがどれくらいの人に伝わるかな?

子どものリハビリに関する記事一覧


(スポンサー広告)

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

YouTubeで動画公開しています。
やまだリハビリテーション研究所のYouTubeのチャンネル

新しい学びの形を提供します
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

Twitter
フォロワーさんは400名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン

【スポンサー広告】
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サイト
スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やまだたけし(作業療法士)

このサイトは作業療法士のやまだが運営しています。 やまだリハビリテーション研究所 https://yamada-ot.com の 姉妹サイトです